ホテル(一般)宿泊記旅行記沖縄

【久米島 民宿なんくるないさぁ】宿泊記|朝食も最高な女性ひとり旅にもオススメ宿

ホテル(一般)

こんにちは。砂糖醤油です。

今回は久米島で2泊お世話になった「民宿なんくるないさぁ」を振り返って行きたいと思います。

【久米島旅行記】那覇からアクセスする沖縄離島!3時間半のフェリーでの船旅
2022年5月に訪れた沖縄県の久米島旅行記。沖縄本島から行くことのできる離島の一つです。那覇の泊港から久米島までカーフェリーにて約3時間半の船旅。あいにくの雨でしたが、沖縄のゆるりとした空気感が心地いい旅となりました。高速船を使えば、日帰りも可能なので、もっときれいな海を求めて海水浴に行くことも不可能ではありません。

 

便利なイーフ地区に位置し、オーナー夫婦の心地よいおもてなしで、ひとり旅でも快適で充実した時間を過ごすことができました。

アクセス

〒901-3108 沖縄県島尻郡久米島町比嘉160−68

飲食店の多いイーフビーチエリアに位置しており、夕ご飯には困らないエリアです。

ファミマまでも徒歩で3分くらいの好立地。イーフビーチへも約2分くらいで着きます。

私は船で久米島にやってきたので、兼城港フェリーターミナルから路線バスに乗りました。

一周線左廻りに乗り、終着の営業所で降ります。

スーツケースがあったので、ゆっくり歩いて10分程度で宿に着きました。

お部屋

今回はシングルのお部屋でしたが、2〜3名ほどで泊まることの出来るお部屋や和室もあるようです。

可愛らしく、清潔感あふれるお部屋です。

掃除も行き届いており、女性一人旅でも安心感があります。

冷房を効かせておいてくださいました。

民宿なのにすごい!ユニットバスがある!驚きです。

バスタブはアパートなどによくあるサイズです。

やっぱりお部屋にトイレがあると楽チンですよね。

テレビと小さなデスクも。wifiも無料です。

お部屋はワイモバイルの電波が少し弱かったので、wifiは助かりました。

小さい棚とドライヤー。

コンセントも十分な数ありました。

館内施設

共有スペース。

天井もあるので、雨の日も大丈夫です。

洗濯コーナーもありましたので、長期滞在の方にも、海水浴目当ての方にも安心ですね。

ダイバーの方には器材を洗うスペースもあるようです。

朝食

2日間とも朝食をお願いしましたが、とても美味しかったです。

共有スペースにもなっているテラスでいただきました。

朝が苦手なので、8:00に朝食をお願いしました。

(確か7:30〜お願いできました)

コーヒーやお水はセルフです。

まず1日目。

ペンションのような素敵な朝食が出てきてびっくり!

バターもジャムもついてる!!!豪華!コロッケまで!

パンは手作りだそうです。

サラダ、クリームコロッケ、デザートまでどれも美味しくてボリューム満点。

見た目も綺麗。

普段は朝ごはんはあまり食べないのですが、完食。

お腹がいっぱいになりました。

そして2日目。

すごい!メニューが違う!!

ボリュームのあるサンドイッチでした。

「食べ切らなければ包んでランチにできますよ」、とのことでしたが、ぺろっと平らげました(笑)

デザートのチョコレートケーキも濃厚で美味しかったです。

どれも丁寧に作られたのがわかる朝食でした。

まとめ

「民宿なんくるないさぁ」は間違いなく久米島でのおすすめ宿の一つです。

ダイバーの方もたくさん。

 

リゾートホテルで豪華設備で3食とも敷地内で済ませられるような何もしない贅沢を味わいたい方は他へ。

暮らすように旅をしたい方にはうってつけの宿です。

設備も清掃もロケーションも最高です。

何より、移住組の宿のオーナーご夫婦が親切で居心地がよく、初めての訪問なのになんだか帰ってきたような安心感のある良い宿でした。

一人旅でも複数人での旅でも楽しめると思います。

久米島の海は驚くほどの美しさ。

離島の綺麗な海を求めている方にはぜひ訪れてほしい島です。

 

次回の久米島訪問の際にもぜひ「民宿なんくるないさぁ」に泊まりたいと思います。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました