搭乗記

【エバー航空 ビジネスクラス】2024年搭乗記|機内食がおいしい!台北ーソウル

搭乗記

こんにちは。砂糖醤油です。

先日、台湾へのマイル旅行の帰りに初めてエバー航空のビジネスクラスに乗ることができました。

エバー航空自体も初めてだったのですが、機内食もおいしくてとても快適なフライトとなりましたので、振り返って行きたいと思います。

エバー航空搭乗記

エバー航空について

エバー航空は1989年創業の台湾の航空会社です。

icon-PNRAndTicket-widget

スターアライアンスに加盟しているので、今回はANAのマイルで予約しました。

シートについて

今回の機種はA321。

足元は狭いわけではないけど、窓側からトイレに行くときにためらうくらいです。

通路に出るには声をかけないと厳しい感じでした。

アメニティについて

エバー航空といえば、サンリオのキティちゃん飛行機。

今回は機体は通常のものでしたが、ぐでたまクッションがありました!

ゆるいですね~(笑)

がっちりしたヘッドホンはビジネスクラスならではですね。

足元もそれなりに広いのですが、窓側に座っているときにお手洗いで通路側に出るには少し狭いかな、という感じでした。

短距離路線なので、もちろんパジャマなどはありません。

スリッパはありましたので、ホテル滞在用にいただいてきました。

ビジネスクラスなので、ウェルカムドリンクが提供されました。

さて、離陸です。

機内食について

エバー航空は機内食の評判もよかったので楽しみにしていました。

ドリンク

ラウンジですでにビールはいただいていたので、ここはシャンパンにします。

『Champagne Castelnau Millesime 2006』

ワインは詳しくないけど好きなので、なんでも美味しくいただけるのはいい性格だなと思います(笑)

ビジネスクラスに乗ると取りたくなる構図ナンバーワン、かもしれません。

お食事

メニューはこちら。

メインはチキンかポークから選べました。

まずは前菜。

スモークされた鴨とカニのサラダでした。

どれも味付けもちょうどよく、おいしくいただきました。

鴨とオレンジは本当によく合います。

このパンがどちらも美味しかったです!

ガーリックトーストが大好きなのですが、ここで食べられると思わなかったのでうれしかったです。

バターは『Isigny』。

Homepage - Isigny Sainte-Mère

バター大好き人間なので、パンにたっぷりとつけていただきました。

チキンの気分ではなかったので、メインは豚肉のビーフンにしました。

ごま油が効いていておいしくいただきましたが、前菜と合わない感じがしたので、やはりメニュー上段のものと選ぶほうがいいのかもしれませんね。

デザートはフルーツ。

ぐでたまのおしぼりが付きます。

可愛い(笑)

お食事は彩りもよく、温かいものはしっかりと温かい状態でサーブされ美味しかったです。

次はもっと長距離路線で食事を堪能したいなと思いました。

その他

お手洗いもビジネスクラスはエコノミークラスよりも豪華。

お花も飾ってあるので、優雅です。

まとめ

台北からソウルまでの短時間のフライトでしたが、快適に過ごすことができました。

何より、食事がおいしいので次はぜひ長距離路線に乗って堪能すると誓いました!

ここまでお読みいただきありがとうございました。
それでは、みなさんも良い旅を!

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました